ネットワーク用語集

BPDU(Bridge Protocol Data Unit)

スイッチのループ構成を検出して、冗長リンクをブロックするためのスパニングツリープロトコル(IEEE802.1d)で利用される制御フレーム。ブリッジID、ルートブリッジのIDおよびルートブリッジへのパスコスト等を含み、データリンクの選択が可能である。デフォルトでは2秒に1度送信される。今日では状態遷移が少なく、高速に切替が可能なRSTP(IEEE802.1w)も登場している。

バルクデータ転送

大量のデータを一方向に転送すること。ウィンドウサイズを超えたデータ量を転送することもある。
実行転送速度は、「ウィンドウサイズ÷ラウンドトリップ時間」で求められる。

対話型データ転送

比較的少量のデータを交互に転送すること。
ウィンドウサイズを超えない範囲でのデータ転送であれば、応答性能は「ラウンドトリップ時間」で来まる。

メモ(編集中)

STP

リンクアグリゲーション

コンピュータとスイッチンングハブ、又は2台のスイッチングハブの間を接続する複数の物理回路を論理的に1本の回線に束ねる技術。CiscoではFEC(Fast Ether Channel)と呼ばれている。